安全への取り組み

安全への取り組み

Commitment to safety

貸切バス事業者安全性評価認定制度において最高ランクである三ツ星の認定を受けています。

安全評価認定 SAFETYBUS

詳しくはこちら

公益社団法人日本バス協会

貸切バス事業者安全性評価パンフレット

令和4年度(2022年度) 
運輸安全マネジメント
〜輸送の安全と取り組み〜

シティアクセス株式会社は、社長以下、社員全員が輸送の安全が最も重要であることを自覚し、運輸安全マネジメントの実施により、絶えず輸送の安全性向上に努めています。

1.輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内における輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
  2. 社長は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、確認、改善を確実に実施し、常に安全対策を見直すなど、社員と一丸となって業務を遂行し、絶えず輸送の安全性向上に努め、その情報は、積極的に公表します。

2.輸送の安全に関する目標、及びその達成状況

輸送の安全が最も重要であるという認識の下、令和4年度(2022年度)の運輸安全マネジメントの基本方針を「安全は、すべてに優先する。」安全目標を「加害人身事故ゼロ、後退事故50パーセント削減」と定め、種々の施策を講じましたが、物損事故件数、後退事故ともわずかながら増加してしまいました。

令和4年度の目標と結果は下表のとおりです。

年度/目標・結果 重大事故 加害人身件数 物損件数(後退事故)
令和4年度目標 0 0 5(そのうち後退事故2)
令和4年度結果 0 0 7(そのうち後退事故3)
令和5年度目標 0 0 5(そのうち後退事故2)
令和5年度結果

※令和5年度の具体的安全目標

  • 加害事故ゼロを目指せ!!
  • 後退事故、50%削減!!
  • 法令を遵守し、安全を第一にする。
  • 交差点では、歩行者、自転車に注意

  • 後退時は、目視確認をすること。
    バスの特性から、交差点右左折時の巻き込み、オーバーハングに注意、バスの動きを目視確認
  • 乗車前は、目視により車両周りの安全確認を徹底する。

3.自動車事故報告規則第2条に規定する事故統計

発生は、5件ありましたが、いずれも第2条第11号に該当する「装置の故障」であり、重大な結果は生じませんでした。

4.道路運送法第22条の2第1項に規定する安全管理規程

別紙①のとおりです。

5.輸送の安全のために講じた措置、及び講じようとする措置

輸送の安全を確保するため、旅客自動車運送事業運輸規則第38条に基づく乗務員への指導監督(国土交通省告示第1676号)を始め、道路交通法の研修会等を継続的、計画的に実施しました。その状況(講じた措置)、今後の計画(講じようとする措置)の概要は、下表のとおりです。

月別 措置
種別
措置項目(テーマの概要) 実施写真 今後の計画 措置項目(概要)/ 実施状況
4月
5月

安全会議 実技研修 社長訓育等

措置種別:安全会議 実技研修 社長訓育等

  • 春の全国交通安全運動(新入学園児・児童の保護)
  • 運行の安全、旅客の安全を確保するために遵守すべき事項

令和5年度も左記の措置項目に準じて実施予定です。

6月

措置種別:安全会議 実技研修 社長訓育等

  • 事業用自動車の構造上の特性
  • 労働時間等の改善基準のポイント(交替運転者の配置等)
  • コロナ感染拡大防止対策
7月

措置種別:安全会議 実技研修 社長訓育等

  • 主として運行する経路における道路状況及び交通の状況
  • 健康管理の重要性
8月

措置種別:安全会議 実技研修 社長訓育等

  • 運転者の運転特性に応じた安全運転(適性診断)
  • 車両火災、乗客の避難訓練・労働時間等の改善基準のポイント
9月
10月

措置種別:安全会議 実技研修 社長訓育等

  • 事業用自動車を運転する場合の心構え
  • 秋の全国交通安全運動、飲酒運転根絶
  • 通園バス車内置き去り防止措置 ・デジタコ、ドラレコ教養
11月

措置種別:安全会議 実技研修 社長訓育等

  • 危険の予測、回避、異常気象時における対処法
  • 後退事故防止の相互連携
  • 他山の石研修(ふじあざみラインの死亡事故)
12月

措置種別:安全会議 実技研修 社長訓育等

  • 年末年始安全輸送総点検(年末の事故防止)
  • 飲酒運転の根絶
  • 安全性の向上を図るための装置を備えるバスの適切な運転方法
  • 急な下り坂における適切な運転方法(湯河原町実技研修)
1月

措置種別:安全会議 実技研修 社長訓育等

  • 交通事故に係る運転者の生理的・心理的要因と対処法
  • 急な下り坂における適切な運転方法(湯河原町実技研修)
2月

措置種別:安全会議 実技研修 社長訓育等

  • 乗車中の旅客の安全確保と留意すべき事項
  • 指導監督マニュアルの改正概要(令和5年1月6日改正、坂道での適切な運転操作)

3月

措置種別:安全会議 実技研修 社長訓育等

  • 危険の予測、回避
  • ドラレコ記録映像による運転特性
  • とっさの場合のブレーキ操作

今後の計画

新年度も同様の措置項目に準じて実施予定です。

6.輸送の安全に係る情報の伝達体制、その他の組織体制

 輸送の安全に係る情報の伝達体制等は、
別紙②のとおりです。

7.輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

前記5「輸送の安全のために講じた措置、及び講じようとする措置」記載のとおり、コロナ禍の厳しい情勢の中でも「安全はすべてに優先する。」の基本方針から「安全会議等」を定期的に開催し、関係規則・改正法令等の周知と情報の共有化を図りました。

その中で特筆すべき事項は、社会的反響が極めて大きかった幼児等の車内置き去り事案を受けて、同種事案の防止対策会議を開催したことと、同様に悲惨な交通事故として報道された「ふじあざみラインの死亡事故」を我が身と受け止めて、湯河原町の急な下り坂において、全乗務員を対象とした「適切な運転操作」の実技研修を行ったことです。

また、乗務員の健康管理面では、年度内2回にわたる健康診断に加え、乗務員の65パーセントを対象に睡眠時無呼吸症候群(SAS)の予備検査や脳MRI検診を受診させたことです。

8.輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

輸送の安全に係る内部監査は、主として夏季及び年末年始の輸送の安全総点検に合わせて行いました。

その結果、飲酒(残酒)運転の禁止をはじめ、お客様へのシートベルト着用促進アナウンスの励行等、関係法令の再確認を行い、遵法精神の向上を図りました。

9.道路運送法第22条の2第2項第4号に規定する安全統括管理者に係る情報

安全統括管理者をして、安全管理規程に定める輸送の安全の確保に関する運行管理全般の統括と指導監督を行わせました。

乗務員の健康管理

img

健康起因による事故の防止を目的に、乗務員の健康状態の把握と適切な指導を実施しています。

img

出退勤時には対面点呼にて健康状態の把握は勿論、必要な乗務員に対しては体温測定・血圧計測定も同時に実施し、日々の健康状態の把握に努めております。
宿泊業務においてはスマートフォンアプリを使用した宿泊地アルコール検査を行い、不正を防ぎ厳格な数値測定を実施しています。
乗務員は定期的にSAS検査(睡眠時無呼吸症候群)、脳MRI健診を実施しています。また、年1回の定期健康診断を実施しています。

乗務員教育

img

全ての乗務員に対して定期的に安全会議、安全講習会を実施し、事故防止やサービス向上、車両装置に関する知識を深めています。また、外部より講師を招いての救命救急講習会やバス車両火災対応訓練を実施しています。全車両に装備されたドライブレコーダーに記録された事故やヒアリハット事案を教材に活用し個別指導を随時実施しています。

安全装置装備車両の導入

車両導入時に安全装置を装備した新型車両を積極的に導入しています。

MADS(運転注意力モニター)装備!

高速走行時にドライバーの運転状態を常に
モニターし、運転注意力低下を知らせ、安全運転を
補助するシステムです。

運転注意力の低下を警報でお知らせ!!

注意力低下警報 操作頻度減少、ゆるい蛇行など

注意力低下警報

車線逸脱警報 注意力低下、ひどい蛇行(車線逸脱)など

車線逸脱警報
img
AMB(衝突被害軽減ブレーキ)装備!

高精度ミリ波レーダーで前車との
車間距離を監視。
警報音で注意を促したり、
ブレーキ制御で速度を低減させ、
万一の衝突時に被害を最小限に抑えます。

警報&ブレーキ制御で衝突を防止!!

1.警報音 (追突の危険性がある場合)

注意力低下警報

2.報知器+弱いブレーキ
(回避操作が行われない場合)

車線逸脱警報

3.報知器音+強いブレーキ
(追突の危険性が高い場合)

車線逸脱警報
img
ディスタンスウォーニング

高精度ミリ波レーダーが前車との車間距離を測定。セットした距離より近づいた場合は警報音を鳴らし、適切な車間距離の保持を促します。

img

車両点検・整備

img

乗務員は出庫前に法令で定められた点検項目に基づいた日常点検を実施しています。その他、法令で定められた3ヵ月ごとの定期点検については、当社グループ会社の自動車整備工場や正規販売店工場で実施し、1年毎の車検については正規販売店工場において点検整備を実施しています。

運行管理体制

img

全車両にデジタルタコグラフ・GPS管理システム・ドライブレコーダー・移動体通信設備を装備しています。バス運行中は専従スタッフが常駐し、交通情報や気象情報を的確に把握し、乗務員へ迅速に指示を行い、運行管理とカスタマーサポートを行っています。

シティアクセス株式会社
シティアクセスへの
お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ

受付時間 8:00〜18:00

045-621-1315