運賃表·料金のご案内|横浜・神奈川の貸し切りバス・送迎バス・観光バスはシティアクセスにお任せください!

運賃表·料金のご案内|横浜・神奈川の貸し切りバス・送迎バス・観光バスはシティアクセスにお任せください!

受付時間
8:00〜18:00
045-621-1315 045-621-1315
運賃表·料金のご案内

運賃表·料金のご案内

Fares

貸切バスのご利用には
 運賃 + 料金 + 実費 
が必要になります。

運賃について
About fare

運賃は「時間制運賃」と「キロ制運賃」の合算額です。

運送コストを時間コストとキロコストに区分して算定した合理的でわかりやすい制度である「時間キロ併用制運賃」に一本化されました。

時間制運賃+キロ制運賃=運賃

時間制運賃

最低走行時間を3時間とし、出庫前及び帰庫後の点検等の2時間分を全ての走行時間に加算し、1時間当たりの運賃額を乗じた額となります。

  • 宿泊を伴う場合…宿泊地到着後及び宿泊地出発前の各1時間を点検等の時間として加算。

〈時間制運賃の計算式〉

走行時間+2時間(点検等の時間)×時間単価

キロ制運賃

走行キロ(出庫から帰庫までの距離をいいます)に1km当たりの運賃額を乗じた額となります。

〈キロ制運賃の計算式〉

走行キロ×キロ単価

  • 走行キロは、10km未満は10kmに切り上げ。

※3時間以内の走行時間の場合(最低運賃)

(3時間+2時間)×時間単価+キロ制運賃

平成26年4月からの公示運賃

(関東運輸局管内)


  車種 上限額 下限額
時間制運賃
(1時間当たり)
大型車 7,680円 5,310円
中型車 6,480円 4,490円
小型車 5,560円 3,850円
キロ制運賃
(1km当たり)
大型車 170円 120円
中型車 150円 100円
小型車 120円 80円

公示運賃早見表

(単位:円、消費税抜き)

大型車

車両の長ささ9m以上
または旅客席数50人以上

時間制運賃
実拘束時間 上限額 下限額
3時間以内+2時間 38,400 26,550
5時間+2時間 53,760 37,170
7時間+2時間 69,120 47,790
9時間+2時間 84,480 84,480
11時間+2時間 99,840 69,030
キロ制運賃
走行キロ 上限額 下限額
50km 8,500 6,000
100km 17,000 12,000
150km 25,500 18,000
200km 34,000 24,000
300km 51,000 36,000
中型車

大型車・小型車以外
のもの

時間制運賃
実拘束時間 上限額 下限額
3時間以内+2時間 32,400 22,450
5時間+2時間 45.360 31,430
7時間+2時間 58,320 40,410
9時間+2時間 71,280 49,390
11時間+2時間 84,240 58,370
キロ制運賃
走行キロ 上限額 下限額
50km 7,500 5,000
100km 15,000 10,000
150km 22,500 15,000
200km 30,000 20,000
300km 45,000 30,000
小型車

車両の長さ7m以下かつ
旅客席数29人以下

時間制運賃
実拘束時間 上限額 下限額
3時間以内+2時間 27,800 19,250
5時間+2時間 38,920 26.950
7時間+2時間 50,040 34,650
9時間+2時間 61,160 42,350
11時間+2時間 72,280 50,050
キロ制運賃
走行キロ 上限額 下限額
50km 6,000 4,000
100km 12,000 8,000
150km 18,500 12,000
200km 24,000 16,000
300km 36,000 24,000
  • 実拘束時間とは、走行時間に2時間(出庫前及び出庫後の点検等の時間)が加算されたものです。
  • 3時間以内の時間運賃は同一となります。
運賃の割引
  1. 身体障害者福祉法、知的障害者福祉法及び児童福祉法の適用を受ける者の団体については3割引となります。
    ※時間制運賃、キロ制運賃の合算額の下限額が限度。
  2. 学校教育法による学校(大学及び高等専門学校を除く)に通学又は通園する者の団体については2割引となります。
    ※時間制運賃、キロ制運賃の合算額の下限額が限度。
  3. 2つ以上の割引条件に該当する場合はいずれか高い率を適用し、重複して運賃の割引はできません。
公示運賃について

公示運賃は、国土交通省が地域内の経済状況や貸切バス事業者の経営状況を考慮して定める運賃をいいます。上限額と下限額の範囲を設定し、範囲内の運賃であれば、公正競争の確保及び利用者保護の観点から適正なものとされています。
新しい公示運賃は、安全・安心の運行のため、安全に係わるコストが反映されています。

公示運賃の仕組み

安全・安心の運行のため、運賃に「審査不要運賃」と「安全コスト審査対象運賃」「利用者保護審査対象運賃」の枠組みが導入されました。
審査不要運賃は基準額の上限30%以内、下限10%以内です。この範囲を超えた場合は変更の届出及び審査が行われます。

公示運賃の仕組みの図解

料金について
About price

料金には3つの種類があります。

料金は①「交替運転者配置料金」、②「深夜早朝運行料金」、③「特殊車両割増料金」の3つです。

料金の取り扱い

料金の種類は届出の対象とし、金額は各事業者で自由に設定できます。(交替運転者配置料金は金額が公示されています。)

①交替運転者配置料金

交替運転者を配置する場合に適用されます。
(具体的には、時間制運賃およびキロ制運賃の運賃単価の人件費相当額です。)
交替運転者配置料金は上限額及び下限額の範囲内で適用されます。

②深夜早朝運行料金

深夜22時~翌朝5時の間に点検等の時間及び走行する時間が含まれる場合は、その時間に対して適用されます。

③特殊車両割増料金

事業者の創意工夫による新しい車両の導入を図るための料金です。標準的な装備を超える特殊な設備を有する車両で、(特殊設備車両購入価格÷座席数)>(標準的車両購入価格÷座席数)が70%以上高額の場合にのみ適用されます。

料金 上限額 下限額
①交替運転者
配置料金
キロ制料金
(1km当たり)
40円 30円
時間制料金
(1時間当たり)
3,080円 2,130円
②深夜早朝運行料金 時間制運賃及び
交替運転者配置料金
(時間制料金)の2割以内
③特殊車両割増料金 運賃の5割以内

実費について
About actual expenses

運賃·料金以外は「実費」となります。

利用者の求めにより運賃・料金以外の経費が発生した場合は、その実費を負担していただきます。
例、ガイド料・有料道路利用料・駐車料・乗務員宿泊料など
旅行業者など運送申込者に交付する「運送引受書」に運賃・料金や実費の内容を記載します。

貸切バス事業者に対する行政処分等の基準

貸切バスの運賃・料金は国土交通省への届出が必要です。
届出を行わない場合や届出の範囲を逸脱した場合は、法令に基づき行政処分等が行われます。

道路運送法第9条の2第1項
(運賃・料金事前届出、運賃・料金変更事前届出違反)
初違反:20日車の車両使用停止
再違反:40日車の車両使用停止
道路運送法第10条
(運賃又は料金の割り戻しの禁止違反)
初違反:20日車の車両使用停止
再違反:40日車の車両使用停止